FC2ブログ
熊本から業務での出来事やスタッフの日々をつづります。
プロフィール

尾上千代子

Author:尾上千代子
千代田工業株式会社のスタッフブログです。
本家ホームページはこちらから↓
http://chiyodak.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、くまもと地下水財団の見学会「地下水を育むバスツアー」があり、
見学箇所の一つに、弊社の災害用井戸が採用され、20名近くの見学者がいらっしゃいました。
井戸設置の経緯、井戸の構造、地震時にたくさんの方に利用されたことなど、
弊社社員からの説明に、参加者の皆さんは関心を寄せておりました。

20161129-01.jpg

このほかにも、健軍水源地、上下水道局、中部浄化センター等を見学されたようですが、
地震時の水不足を経験されたこともあり、参加者の心に強く印象に残ったようです。


byちょか
スポンサーサイト
平成28年5月26日付けの西日本建設新聞に
弊社の防災用井戸の紹介がありました!
掲載記事はコチラ↓
2016052701.jpg

弊社の災害用井戸は熊本市唯一の井戸。
最初は近所の方々の少数の利用でしたが、
そのうち夜中にも汲みに来られている方もいました。
口コミでたくさんの方に使用していただき、
水の大切さを再認識しました。

震災直後は少し濁りが見られたものの、
汲み続けていくうちに濁りがなくなり、澄んだ水になりました。
なお、利用者が安心して使っていただけるように水質検査を実施したところ、
飲料できるとのことでした。


byちょか
夕方、地区の広報委員の方がいらっしゃいました。
会社敷地内に設置してある災害用井戸がとてもめずらしいので、取材したいとのことでした。
現在、災害用井戸を設置しているのは、県内では熊本県甲佐町に5ヶ所、弊社敷地内に1ヶ所のみ。
熊本市内では弊社敷地に1ヶ所なんです!

インタビューのなかで、話題となったのがこれ。
防災トイレ。
普段はベンチとして使用します。
20150707-1.jpg

非常時には、蓋をとると洋式トイレへ変身!
20150707-2.jpg

さらには、普段は長ベンチですが、
20150707-3.jpg

非常時には、炊き出し用のかまどに変身!
20150707-4.jpg

それぞれ頑丈にできていますが、簡単に変身させることができます♪
設置場所は、避難指定場所となるような公園等が適しているのですが、
ちょっとしたスペースにも設置可能です。


byちょか
先日までは、ビル前にぽつんとポンプがあるだけでしたが、
安全対策のためにフェンスを設置しました。
フェンスだけだと「あのポンプは何ですか?」と問われることが多いので、
通行人にも防災用井戸の存在を知ってもらうように看板も設置しました。
小・中学生が多く通るので、防災用井戸に少しでも関心をもってもらえるといいなと思います。

20120907-1.jpg

20120907-2.jpg

byちょか
防災用井戸もいよいよ最終段階。
今回は手押しポンプを設置しました。
揚水管とロッドシャフトを接続し、挿入していきます。
20120721-1.jpg
揚水管先端をを取水位置まで下ろしたら、手押しポンプの台座・ポンプ本体を設置します。
完成形はコチラ↓
20120721-2.jpg
試しに手押しポンプを作動してみたのですが、
ハンドルを一回上げ下げするだけでも
水道蛇口と同量の水量がでました。
20120721-3.jpg
久々に地下水を揚げたのですが、濁りはなく透明です!

設置直後に町内会長が見学にいらっしゃったので、手押しポンプの体験をしてもらいました。
20120721-4.jpg
「案外(ハンドル操作が)軽くて、子供でも使えるばい」と
町内会長の感想をいただきました♪

残りの作業は安全対策のためのフェンス設置のみです。

byちょか
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。